日本は戦後七十年以上組織は悪い、組織は悪いと刷り込まれ続けたの。
組織は悪だとしているのはアナアキストだけ。
他の思想家、組織は悪だなんて言っていない。
それを軍隊と結びつけて組織は悪だと刷り込んだのは占領政策の一環。
僕だって最初は組織嫌いだったよ。
でも、ある時、組織自体が悪いのではなくて、組織のあり方が悪いのではないかって気がついたの。

組織にも弊害はある。
しかし、だからといって組織を頭から否定したら、組織を作ることも制御することもできなくなる。
組織の必要性を認めた上で組織のあるべき姿を求めるから、組織の悪い面を制御できるの。

軍隊に対する認識も然り。
日本人の軍隊する考え方は、感情に過ぎない。
軍を戦前は、聖域化し、戦後は、禁忌とした。
とらえ方は両極端だが、軍に触れられないことに変わりはない。
国防問題を聖域化するのでもなく、忌み嫌うのでもなく。
冷静にとらえない限り、軍を抑制することはできない。

物事には順番があって始まりがあって終わりがある。
原因があって結果がある。
結果が出てからスタートをしてはいけないんですかと言い続けているようなことなんだ。

やってはならないなんて一言も言っていないからな。
やる前に承諾、了承をえろと言っているんだからな。
結果が出てから聞いても聞く意味はない。
結果が出る前に聞くから聞く意味がある。
結果が出てから聞かれても、聞かれたが側は当惑するだけ。

仕事は、一人でやっているわけではないの。
マネージャーの仕事は全体の仕事の足並みを揃え、全体を仕切ることなの。
だから事前の了解がなければ仕事のしようがないの。
一人だけ先に行かれても困るし、遅れても困る。
だから、やるなとか駄目だと言ってるのではなく事前に了解を取れと。
監督の仕事は、チームを仕切ることなの。
監督が、守備位置も、打順も決めないで、バッターボックスに立ったら、試合は成立しないの。

仕事には、始まりと終わりがあるの。
原則は事前承認が主で事後報告が後。
極力、事後承諾は避けるよう、躾けられてきた。

事前に練習計画をコーチに伝えずに、練習結果だけを報告したら、コーチは、どういう事ですか、僕らを信用しないんですか、仕事をさせない気ですか、馬鹿にしないでくださいということになる。
ヒアリングの結果を伝えるの事後報告なの。
悪い、やめろと言ってんではなく。
事前に了解を取れと言っているの。
結果報告、結果オーライで仕事していたら、マネージメントは、常に後追い、後始末に追われてしまう。
報告を先にしたら本末転倒になると言っているの。
事前に了解とって結果を事後に報告するから意図が通じる。
片手落ちだと、なかなか意思が通じないで一方通行に陥る。

宣戦布告なしに攻撃をしたら卑劣なの。
今は宣戦布告なき戦が増え、それが、国際関係を複雑にしている。

物事には順序があり順序を違えたらなることもならなくなる。
よくわからないな。責任者が責任持てないけど地位と報酬くれと言っているようなものだし。

オリンピックの件で若いコメンテーターが、なぜ、今、オリンピックを日本で開催する必要があるのか。
開催するにしても、無観客でやるのか、どれくらいの規模になるのかを明らかにしてから、医療従事者に協力を要請するのが礼節でしょう。
それでなくとも、医療従事者は、手一杯なんだからと。
もっともなことだよ。

オリンピックを日本でやるかどうか、日本人が決められないなんて馬鹿な話あるか。
オリンピックを日本でやるかやらないかを決めるのは、日本の国家元首。
営業の事は、営業の部門長が責任をもって仕切るの。
それが人として当然の義務。

権限は行使しなければ効力を発揮せず、一定期間がすぎると効力を発揮できなくなるという原則かある。
故に、方針が示されたら担当責任者、マネージャーは、速やかに関係者を集め正式にスタートをして簡単な指示を出し、命令系統を有効な状態にセットせよというのが常識。

マネージャーは、チームを仕切るのが役割で、企画を立てることが役割ではない。
チームを仕切ろうとせずに、俺の企画を通せというのは筋が違う。

俺の考えと担当マネージャーの考えは違うよ。それを承知して任せるんだからね。
そのかわりはっきりと自分の考えを言ってもらわないとね。
それが許容範囲かどうかが問題なんだから、我々は幅で考えているんだから。
許容範囲を超えたら話し合うだけだよ。
どうしても納得がいかなければ移動するけど、多少、感情的になっても移動されない限りは任されていると考えればいい。
信頼関係の問題だよ。最後は。
それより、自分を殺される方が厄介だね。
信頼できなくなるから。
マネージャは、仕切るのが仕事で企画を立てるのは仕事ではない。

主審は、集合、整列の号令を出し、選手が整列したところで、試合開始宣言、守備側は、所定の守備位置につく。
主審は、守備側が全員守備位置につき、打者がバッターボックスに入ったのを確認した上でプレーボール(最初の指示)のコールをする。
主審がプレボールのコールをした時から正式に試合は始まる。
仕事も野球と同じチームワークなの。

「一回が終わった後で、結果を報告して、プレーボールのコールしてはいけませんか。」と言っているようなことなんだよ。
あるいは、試合開始直前に主審が、「なんで俺が、プレーボールのコールする必要があるの。」とか。
プレーボールのコールは面白くないからストライク、アウト、ゲームセットとコールしたいと言っているようなもの。
だから言っている意味がわからない。
とにかくプレーボールのコールしないと試合は、始まらないと言っているだけ。

もう、試合が始まっちゃったんですから、仕方ないじゃないですかとか。
面倒くさいとか。
試合が終わってからとか。
適当でいいじゃあないですかというわけにはいかないの。

半日仕事の野球だって正式なスタートを切らないと始まらない。
仕事は、最低でも三か月、ふつう半年、一年、二年、何年もかかる事業があり。
その間、共同作業、チームワークを続けなければならない。
だとしたら、正式にスタートを切らなければ取り留めなくなり、収拾のしようがなくなる。
統制もとれない。

組織は、システムであり、正式にスタート切らなければ動かないの。
いつまでたっても、いつまでたっても動かない、動かないというけど、正式にスタートさせたかって言ってるでしょ。

支店長が支店に赴任したら、先ず、店員全員の前に立って所信表明をするの。
裏口からこそっと入ってやった事にしようなんてことはできないの。
店員から、あの人、誰なんて、ささやかれるようでは、支店長は務まらないの。
支店長に着任したことを少なくとも全店員に認知させ。
正式に仕事をスタートさせないと支店長は店を仕切れない。

自動車だってエンジンかけないと動かない。
いくらタイヤ蹴っ飛ばしても、ボンネットてたたいても、アクセル踏んでも、エンジンをかけなければ車は動かないの。
パソコンもスイッチを入れなければ動かないの。
怒鳴ったり、わめいたりしてもパソコンは動かないの。

同じ場所をくるくる回ってる時は、惰性でも動くけどコロナ後は前例が効かないの。
はじめからやり直す必要があるから、正式にスタートし直さなければならないの。
再スタート切らないと仕事にならない。

正式スタートを切るためには、始動操作がある。
それを覚えないと組織は起動しない。