人は、皆、神の祝福によってこの世に生を得る。
死を恐れる必要はありません。
真っ直ぐ、神に向かって歩んでいけばいいのです。
神との間に小難しい理屈などいらないのです。
神は、感じるのです。
夜、暗闇に、誰かの息遣いを感じた時、
物陰に、何かの気配を感じた時、夜空を見上げた時、暖かな眼差しを感じた時、
神は、そこにおられるのです。
神は、生々しい存在なのです。
神は、あれをしてはならないとも、それをしなければならないとも言われない。ただ、お示しになる。
神は、愛せとも、愛するなとも言いません。
人を愛しても、愛さなかったとしても、報いを受けなければなりません。
神は、信じろとも、信じるなとも言いません。
戦いに行く者も、戦いから逃げるものも報いを受けます。
神を信じても信じなくても報いはあります。
人を殺せば、報いがあります。
人を欺けば、報いがあります。
嘘をつけば、報いがあります。
人を愛しても報いを受けます。
義を貫いても報いはあります。
悪い報いもあれば、心地よい報いもあります。

真の聖人は、唯の人です。

愛を善しとする者は愛によって裁かれ。
殺戮を善しとする者は、殺戮によって裁かれ。
愛欲を善しとする者は愛欲で裁かれます。
人は自らが善しとしたものによって裁かれるのです。

人はそれぞれ自分が信じる道を辿って神へと近づいていくのです。
信仰によって迫害を受けるかもしれません。
貧しくなるかもしれません。
しかし、信仰故の迫害や貧しさは、その人にとっては神へ近づく事なのです。
全ては、あなたが何を善しとしたかによって定まるのです。
それが信仰による報いです。

信じようと信じまいと、愛そうと愛すまいと、死は平等に訪れる。
何が違うのか、それは、自分の魂の問題。
甲冑に身を固めてなければ神の前に立てないのか。
原爆を担いで神の前に立つのか。黄金で飾って。
かつて裸で十字架を背負って神の前に立った男がいた。
彼は信仰を成就したのです。

ああ、自分は生きているんだという実感ですね。
そして、それに感謝する心です。
飢えも知らず、乾きも知らない、戦争もなく、平穏な日々を暮らしているのに、神に感謝しようともしない。
なぜ、人は不幸なのか。
それは幸せだと感じる心を失ったからです。

今の日本人は餓鬼です。

テレビを見るとグルメ番組ばかり、今の日本人は、何を食べても満ち足りる事はありません。
その一方で、良心の呵責もなく大量の食べ物を捨てている。
神に感謝する事もなく。
その報いは遠からず受けます。

空腹な時は、何を食べてもおいしいものです。
足らざるは貧です。

どんなに美味しいものを食べて満ち足りる事はありません。
貪欲に食べつくしてしまう。

現代、日本人の心は貧しい。
食べるものがなくなった時、人は、食べ物が神の恵みだった事に気が付くのです。
でも、もうその時は遅い。
そういう時が近づいています。
人は信仰に飢えているのです。
人々の心は乾いている。

コロナ騒ぎの中でも、満開の桜には、変わりありません。
東日本大震災の後も、戦争の後も生き延びた桜は、また、花を咲かせます。
それを美しいと感じる心にも変わりはありません。
理屈で、花を美しいと感じるわけではありません。
花を美しいと感じ、生きる喜びを感じた時、自分が、何者かに生かされている事を、実感できるのです。
その何者かが神です。
だから、その時、そっと手を合わせれば、きっと神は微笑んでくれます。
神とはそういう存在です。
神を必要だと思う嘘偽りのない心こそ、信仰の原点なのです。
それは感じる事であって、頭で理解する事ではありません。
神は感じるのです。理解できる存在ではありません。
あなたは神に選ばれたのです。

朝、雲間からもれる光芒を美しいと感じた時、その心の彼方に神はおられるのです。
神を否定する事はいくらでもできます。
でも信仰なくして生きていけなと感じさせる魂こそが真実なのです。
そして、その神に向かおうとする心があなたを導いてくれます。
素直に、純なる魂に立ち帰ればいいのです。
あなたは神に選ばれたのです。

神を否定する要素はいくらでもある。
しかし、神を信じなければいられない。
それこそが、真の信仰心なのです。
神は感じる存在なのです。

今の世で真の信仰に目覚めた人は、神に選ばれたのです。