自分はわかっていないとする。
そして、わかっていないことを知られたくないとする。
ならばどうしたらいいのか。

簡単である。
自分以外の人間、相手に答えさせるのである。
そして、さもわかっている風に講釈を垂れるのである。
そうすると相手は、自分より分かっているように錯覚する。
自分が答えない限り、自分がわかっていないことはばれない。
相手が錯覚すれば、普通は、それ以上踏み込んでこない。
本当に、わかっている人でない限り。
ただ、本当にわかっている人に出会うと、自分の底が割れてしまう。
そこで、わかっている人に出会ったら、相手に最後まで言わせずに、癇癪を起して怒り出すのである。
だから、話の途中で突然意味もなく怒り出す人がいたらもわかっていないと思って間違いない。
要するにはぐらかしているのに過ぎない。
自分に都合が悪くなると大概の人は感情的になる。
本当にわかっている人は謙虚である。
虚勢を張る必要がないし、虚勢を張るのが恥ずかしいからである。
それに、本当にわかっている人は、自分の限界も知っている。
だから、謙虚にならざるを得ないのである。
偽物やまがい物には厳しいけれど。