わかっているだろはないよ。
わかっているつもりもない。
一回、聞いたくらいで全てわかるくらいなら、私は、こんなところにいませんよ。
やってみないと解りませんよ。
やってみたところで、わからない事はわからない。
そこをどうするかが、問題なんじゃない。
わかったつもりになるな。
やってもやってもわからない。
それを試行錯誤、悪戦苦闘しているうちになんとなく解ってくる。
試合の結果なんて、試合をしてみないと解らない。
だから、試合をするんじゃあない。

できないって。当たり前じゃあない。
最初からできる奴はいない。
逃げずに立ち向かったからできるようになっただけさ。
自分ができないこと知られたくないと、
失敗を恐れて逃げ回っているから、
いつまでたってもできないのさ。
劣等感は、ばねにできれば、強烈な武器になるけれど、敗けたら押し潰される。

一度聞いたくらいわかるわけはない。
わかりましたなんて言うとどやされた。
何がわかったんだって。
わかったというならいってみろ。やってみろ。
わかったというのに、なぜ、行動を起こさない。
わかったというのは、行動を起こしてから言え。
そう怒られた。

とりあえず話だけでも聞いておけ。
やっているうちに追々、わかってくるさ。
最初はなんだって漠然としているんだ。
我慢、我慢で、仕事の地造り、基礎、地盤作りに徹するんだ。
壮麗な建物だって土台を作っている時、何も見えてこない。
泥まみれになって、ひたすら、基礎を作るんだ。
人生だって、仕事だって、最初はぼんやりとしている。
そのぼんやりとしている時にしっかりとした構想や青写真が描ければ壮麗な事業ができる。
最初から結果を求めて無駄さ。
始まりはちっぽけな自分独りなんだからね。

一日で達せられる夢は一夜の夢。
一年で達せられる夢は、事業を興せる。
人生をかけて達せられる夢は国を動かせる。
一生かけても達せられない夢は、天下を揺るがす。
達してしまえは、夢は幻さ。

物有り混成し、天地に先んじて生ず。寂(せき)たり寞(ばく)たり、独立して改(かわ)らず、周行して殆(とど)まらず。以(も)って天下の母と為すべし。吾(わ)れその名を知らず、これに字(あざな)して道と曰(い)う。強(し)いてこれが名を為して大と曰う。大なれば曰(ここ)に逝(ゆ)く、逝けば曰に遠く、遠ければ曰に反(かえ)る。故に道は大、天も大、地も大、王もまた大なり。域中(いきちゅう)に四大(しだい)あり、而(しか)して王はその一に居る。人は地に法(のっと)り、地は天に法り、天は道に法り、道は自然に法る。
(老子 25章)

道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず。万物は陰を負いて陽を抱き、沖気(ちゅうき)以(も)って和を為す。(『老子』42章)